REPORT

2回:加飾工程(塗装・印刷・ホットスタンプ)

ななつ星in九州の生産において成形されたボディに色やレタリングを施す、加飾工程(塗装・印刷・ホットスタンプなど)についてご紹介します。

成形から塗装・印刷まで

①成形

②塗装

③印刷-エンブレム

左のフローは、成形されたボディが塗装・印刷工程を経る模様をダイジェストで示したものです。
※印刷工程はより細分されています。
左のフローにあるサンプルは、車体塗色である、ロイヤルワインレッドの色味の調整段階のものも含まれますので、試行錯誤の様子を見ていただけるかと思います。

④印刷-レタリング

⑤印刷-帯・形式表記など

ななつ星in九州のクラシカルな印象をイメージさせる各種ロゴマークやレタリングが入ったボディ。
​この後、組立工程に移り、製品となります。

ホットスタンプ工程

加飾工程には、ホットスタンプとよばれる工程があります。
機関車のナンバープレートの銀や、窓のHゴムやサッシなど、凸のある部分に、箔をおすことで色をさします。
ななつ星in九州では、側面ガラスの窓のフチを黒くする工程に使われています。

みどころピックアップ①-ボディの艶

クリア吹付後
クリア吹付前
ななつ星in九州の特徴である、艶や光沢のある車体を再現するため、塗装工程ではロイヤルワインレッドの塗料を吹付けた後、クリアを吹付けています。​

みどころピックアップ②-エンブレムの立体感

特徴的なななつ星in九州の車体側面にあるエンブレム。製品では、ボディにエンブレムの基本骨格を彫り込みで再現し、その上からゴールドの印刷をいれています。製品を手に取ってご確認ください。
REPORT 第2回:加飾工程(塗装・印刷・ホットスタンプ)をご覧いただきありがとうございました。
次回(第3回)では、「ななつ星 in 九州」の量産サンプルの写真を多数掲載し見どころを紹介する予定です
JR九州承認済 ドーンデザイン研究所監修済

All rights reserved. 2018  株式会社カトー / 株式会社関水金属

★ コンテンツ・写真等の無断転載を禁じます ★